未分類

★ストレスが原因のほうれい線、しわにはアヤナス!その成分と効果とは?

投稿日:

「自分は敏感肌である」と感じる女性は、増加傾向にあります。
敏感肌になると、肌が赤くなったり、ピリピリ痛痒くなったり
と肌トラブルが現れますが、実はそれだけではありません。
敏感肌の女性は、肌が乾燥し、老けの原因になるほうれい線やしわ
ができやすいのです。
敏感肌用の化粧品は、やさしいというだけでエイジングケアなどの
効果に物足りなさを感じている女性も多いと思います。
今回は、敏感肌用のエイジングケアとして人気の化粧品
ディセンシア「アヤナス」について、その成分や効果について
調べてみました。
よろしければこの記事の内容を参考にしてみてください。

 

老けてみえるほうれい線や目元のしわは、実はストレスが原因

仕事や家事、育児など日々の生活でたまってしまうストレス。
ディセンシアの調べによると、30代から40代の働く女性に、
「ストレスを感じ、肌荒れを起こしたことがありますか?」
という質問をおこなったところ、95%の女性が「はい」と答えています。
ストレスと肌トラブルの関係は、ディセンシアとポーラ研究所の
さまざまな調査により以下のように解明されています。

1.人はストレスを感じると、自律神経が乱れ、血行不良になります。
その結果皮膚の温度が低下します。

2.皮膚の温度が低下すると、健康な角層を生み出すために重要な
タイトジャンクションが不活性となり、肌のバリア機能が低下します。
バリア機能が低下し正常に働かないと、肌は外部からの刺激を受けやすくなり、
敏感肌になります。

3.敏感肌になると、外部からの刺激により、炎症を繰り返します。
炎症を繰り返すことにより、肌のコラーゲンが破壊されてしまいます。
コラーゲンが破壊されてしまうと、肌のハリ・弾力が低下し、
老けてみえるほうれい線やしわができてしまいます。

このため、敏感肌は老化を加速させてしまい、健康な肌の女性と
比べると敏感肌の女性は、見た目年齢が11歳も老けて見えてしまうと
ディセンシアの調査で判明しています。

ディセンシア「アヤナス」は、敏感肌ケア、ストレスケア、エイジングケア
を実現する化粧品です。

 

ストレスバリアコンプレックスで、肌の内側からストレスケア

ジンセンXで皮膚温度を上昇

「ジンセンX」は、朝鮮ニンジンを高濃度、高生成したポーラ研究所オリジナル成分です。
血行促進させ、皮膚温度を上昇させます。

 

パルマリンでバリア機能正常化

「パルマリン」は、海藻から抽出したエキスで、
タイトジャンクションの活性化をし、バリア機能正常化を図る成分です。
健康な角層を生み出し、肌の水分やカルシウムイオンの流出をおさえます。

 

エイジングケアを期待できるビルベリー葉エキス

「ビルベリー葉エキス」は、エイジングケアに重要な、
コラーゲンやエラウチンを生み出す線維芽細胞増加を期待できます。
また、バリア機能回復作用、肌の老化予防作用が期待できるGABA産生
を促進します。

「ストレスバリアコンプレックス」は、この3種の成分を複合化した
ディセンシアオリジナル複合成分です。
この成分により、肌の内側からストレスケアを可能にし、
健康で美しい肌へと導いてくれます。

香りでストレスケア

ディセンシア「アヤナス」は肌に刺激を与えるリスクのある、合成香料や
精油は使っていません。
リラックス効果を持つ、ゼラニウムとラベンダーの植物エキスを
配合しています。
香りのリラックス効果により、肌の血流が上がり、
角層状態も良くなります。
ゼラニウムの香りには、ストレス緩和や肌の潤い・水分のバランス調整
をしてくれる作用があります。
ラベンダーの香りには、心身のリラックス効果や鎮静効果・消炎作用が
あります。
毎日の肌ケアで、刺激を与えず、香りでリラックス効果や肌の調子が
良くなるのはうれしいですね。

 

ディセンシア「アヤナス」は安全性テストを実施し、アルコール・香料など
肌の刺激になる成分は使わずに作られています。
敏感肌でも安心して使え、エイジングケアに優れた化粧品です。
しかし、使い心地や効果には個人差があります。
まずは10日間、「アヤナストライアルセット」で効果を試してみては
いかがでしょうか。

 

 

 

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

★3ステップで肌にハリとツヤ!アヤナスの成分とその効果とは?

ストレス社会の現代。ストレスは心身ともにトラブルを おこす原因としてあげられます。 敏感肌や乾燥肌などの肌トラブルにも、ストレスは 大きく関係しています。 ストレスによる敏感肌や肌トラブルに悩む女性は …